河﨑秋子『ともぐい』

 朝日新聞読書欄に、第170回直木賞候補に選ばれた河崎秋子『ともぐい』(新潮社)の評(稲泉連)。主人公の猟師「熊爪」が向き合う野生の熊たち、同業者や町の人間たち、そして自然そのもの。熊爪の姿に「色濃く浮かぶ魂の震えに、息をのむ迫力を感じた」。


Categories: