2023-12-31

 道新の墓碑銘2023。道内ゆかりの芸術・文化関係者のみ記しておく。林田恒夫(1月11日、タンチョウ写真家)加藤多一(3月18日、児童文学作家)大橋純子(11月9日、歌手)川嶋康男(12月7日、ノンフィクション作家)。国内では、高橋幸宏、辻村寿三郎、松本零士、黒田杏子、大江健三郎、奈良岡朋子、坂本龍一、富岡多恵子、平岩弓枝、野見山暁治、森村誠一、飯守泰次郎、山本二三、市川猿翁、土田よしこ、遠山一、谷村新司、財津一郎、もんたよしのり、KAN、三木卓、伊集院静、山田太一。海外ではジェフ・ベック、バート・バカラック、カルロス・サウラ、ヒュー・ハドソン、ウェイン・ショーター、ハリー・ベラフォンテ、ティナ・ターナー、イリヤ・カバコフ、フランソワーズ・ジロー、アストラッド・ジルベルト、ミラン・クンデラ、ジェーン・バーキン、トニー・ベネット、フェルナンド・ボテロ、ルイーズ・グリュック。海外の文化人比率が高いのが興味深い。
 朝日新聞の「2023年亡くなった方々」では、これに加えて松平頼暁、加賀乙彦、デビッド・クロスビー、永井路子、鮎川誠、山根貞雄、菅野昭正、海野弘、大石悦子、原尞、メナヘム・プレスラー、中島貞夫、栗山昌良、PANTA、外山雄三、ウィリアム・フードキン、ロビー・ロバートソン、西村朗、寺沢武一、櫻井敦司、泉昭二、三浦徳子、チバユウスケ、豊田有恒、西木正明、ライアン・オニールの名前が挙がっていた。
 惜しみつつ、お別れを。


Categories:

Tags: