ACA設立しました。

  • 2024-06-28 北海道新聞カルチャー面にACA設立の記事が載りました。
    https://www.hokkaido-np.co.jp/article/1030942/
  • [更新]2024-07-15 AtoCジャーナル(2023-08-01〜2024-07-11)
  • [更新]2024-06-20 ACA設立しました。
  • [更新]2024-06-20 設立趣意書を更新しました。

2024年6月19日 北海道立市民活動促進センター(札幌市中央区) 佐藤道子撮影

 北海道芸術文化アーカイヴセンター(ACA)は、2024年6月19日に北海道立市民活動促進センター(札幌市中央区北2条西7丁目、かでる2・7)で設立運営会議を開き、正式に発足しました。「設立趣意書案」「会則案」「組織・運営主体と支援・協力体制案」「人事案、運営メンバー、専門チーム案」「情報取り扱いのガイドライン案」の5議案を承認し、今後は主たる活動となるデータベースの一般公開に向け、さらに準備を進めます。また、設立を記念するシンポジウムや、芸術・文化分野のアーカイヴを充実させるためのプロジェクトを立案し、進めていく考えです。DB公開とシンポジウムの開催は秋ごろを目指しています。
 北海道に根ざした芸術や文化活動に取り組む人たちみんなが、自身の足跡を記録していく――つまりアーカイヴする――ことで未来を紡いでいきましょう。私たちが目指すものをつづめて言えば、このような考え方や機運を広めるための「器」をつくることです。あらゆる分野の個人も団体もプロジェクトチームも、それぞれに「私のアーカイヴ」を構築していくことで、各専門分野の歴史が複層的に連なった「時代の空気」を未来に伝えることが可能になるはずです。
 生まれたばかりの任意団体で、これからも紆余曲折があることは間違いありません。みなさまからの温かいエール(人的・資金的な)を糧に、活動していきます。以後、どうぞよろしくお願いいたします。

2024年6月19日
ACA代表/事務局長 古家昌伸



《北海道芸術文化アーカイヴセンター》の理念は、北海道のさまざまな地域、さまざまなジャンルの芸術および文化活動一般に関する情報のありかを記録していくことです。長い目で見れば「芸術・文化の資産目録」となることでしょう。

 アーカイヴセンターの議論の過程は、可能な限りオープンにして、活動の方向性を柔軟に修正していくスタイルを志しています。

2,550 アクセス


ACAへのお問い合わせは、以下のフォームからお願いします。